医師募集

常勤医師募集

当消化器病センターは消化管(食道、胃、小腸、大腸)、肝臓、胆嚢、膵臓の疾患、いわゆる消化器病全体の診療を行っています。所属医師は消化管、肝、胆膵部門に分かれて活動していますが、常に協力し合い、専門性の高い医療の実践を心がけています。
今回部長、スタッフを募集している肝臓部門ではラジオ波、IVRによる肝がんの治療、新たに投与可能になった薬剤を用いた肝硬変の合併症(肝性脳症、腹水、など)の治療、抗ウイルス剤による肝炎治療など、幅広く肝疾患の診療を行っています。また学会発表、論文発表にも力を入れています。
なお消化管部門でもスタッフを募集していますが、上下内視鏡による診断と治療、特に早期がんの内視鏡治療に関しては病理診断科とのカンファランスを定期的に行いつつ、精力的に取り組んでいます。

» 採用エントリーはこちら