医師紹介

眞一 まこも医師

医局員

眞一 まこもMAKOMO MAKAZU

専門分野消化器 消化器一般

2006年 宮崎大学医学部医学科卒業
2006年 日本赤十字社医療センター 初期臨床研修
2008年 東京医療センター 消化器内科 後期臨床研修
2011年 国立がん研究センター中央病院 内視鏡科レジデント
2014年 横浜市立大学消化器内科学 入局・大学院入学
  横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター内科 診療医
2018年 横浜市立大学消化器内科学 大学院修了
2021年 湘南鎌倉総合病院 消化器病センター

所属学会

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会

 

業績

【学会発表】

  1. 分化型早期胃癌の範囲診断に対するNBI拡大観察の有用性の病理学的検討  眞一まこも  平澤 欣吾  池田 良輔  福地 剛英  小林 亮介  佐藤 知子  稲山 嘉明  前田 愼 (2016年5月 第91回消化器内視鏡学会総会 パネルディスカッション 東京)
  2. 十二指腸上皮性腫瘍に対する内視鏡的治療と外科治療のコラボレーション  眞一まこも  平澤 欣吾  小林 亮介  金子 裕明  佐藤 知子  粉川 敦史  国崎 主税  前田 愼(2015年10月 第48回神奈川県消化器病医学会総会 横浜)
  3. ツイングラスパーを用いた十二指腸ESD後潰瘍の縫縮の試み  眞一まこも  平澤 欣吾  小林 亮介  金子 裕明  佐藤 知子  粉川 敦史  前田 愼 (2015年5月 第89回消化器内視鏡学会総会 ビデオシンポジウム 名古屋)
  4. Helicobacter pylori除菌後胃癌の発見状況と臨床病理学的特徴. 眞一まこも  中島 健  小田 一郎  阿部清一郎  野中 哲  鈴木 晴久  吉永 繁高  九嶋 亮治  斎藤 豊(2014年3月 第86回胃癌学会総会 パネルディスカッション 横浜)

 

【和文誌】

  1. <目で見る症例>早期大腸がん. 眞一まこも  斎藤 豊  坂本 琢  中島 健  松田 尚久  九嶋 亮治  寺井毅  内科112(2): 379-382, 2013.
  2. 通常観察と色素拡大観察で深達度診断が異なった直腸早期癌の1例  眞一まこも  斎藤 豊 坂本 琢  高丸 博之  春山 晋  山田 真善  曽絵 里子  中島 健  松田 尚久  九嶋 亮治  寺井 毅  臨牀消化器内科 28(11): 1537-1541, 2013.
  3. Helicobacter pylori除菌後の胃癌の特徴-病理の立場から-. 眞一まこも  九嶋 亮治  中島 健  金城譲  曽絵 里子  阿部清一郎  鈴木 晴久  野中 哲  吉永 繁高  松原亜季子  関根 茂樹  谷口 浩和  小田一郎  胃と腸47(11): 1631-1639, 2012.
  4. ESD後除菌後に発見される早期胃癌の特徴. 眞一まこも  小田 一郎  中島 健  鈴木 晴久  野中 哲  吉永 繁高  阿部清一郎  金城 譲  曽絵 里子  松原亜希子  関根 茂樹  谷口 浩和  九嶋 亮治  斎藤 豊  消化器内視鏡 24(10): 1643-1649, 2012.

 

【英文誌】

  1. Histological verification of the usefulness of magnifying endoscopy with narrow-band imaging for horizontal margin diagnosis of differentiated-type early gastric cancers. Makazu M, Hirasawa K, Sato C, Ikeda R, Fukuchi T, Ishii Y, Kobayashi R, Kaneko H, Taguri M, Tateishi Y, Inayama Y, Maeda S. Gastric Cancer. 2018 Mar;21(2):258-266. doi: 10.1007/s10120-017-0734-5.
  2. Atlas of Ileoscopy –A Collection of Clinical Cases- Neoplastic disease Case 5.4 neoplastic Disease of the Ileocecal Region. Makomo Makazu, Takahisa Matsuda, Taku Sakamoto, Takeshi Nakajima and Yutaka Saito. Springer 2016, p47-49.
  3. Relationship between indeterminate or positive lateral margin and local recurrence after endoscopic resection of colorectal polyps. Makazu M, Sakamoto T, So E, Otake Y, Nakajima T, Matsuda T, Kushima R, Saito Y. Endosc Int Open. 2015 Jun;3(3): E252-7. doi: 10.1055/s-0034-1391853.
  4. Feasibility of endoscopic mucosal resection as salvage treatment for patients with local failure after definitive chemoradiotherapy for stage IB, II, and III esophageal squamous cell cancer. Makazu M, Kato K, Takisawa H, Yoshinaga S, Oda I, Saito Y, Mayahara H, Ito Y, Itami J, Hamaguchi T, Yamada Y, Shimada Y. Dis Esophagus. 2014 Jan;27(1):42-9. doi: 10.1111/dote.12037.
  5. A case of localized AL amyloidosis of the sigmoid colon with lymphocytes exhibiting a premalignant status. Makazu M, Nakajima T. Jpn J Clin Oncol. 2013 Jul;43(7):767. doi: 10.1093/jjco/hyt089.

 

研究テーマ

消化管腫瘍の内視鏡診断・治療

 

コメント

自分の知識・技術を磨き経験を積むことで、患者様のお役に立てるよう、日々努力してまいります。